クレジットカード初心者でもわかるクレジットカードの選び方

クレジットカード選びの基本

クレジットカードは現金が無くても買い物ができて、ポイントが貯まると商品やギフトカードに交換できる非常に便利なカードです。

しかしクレジットカードは数百種類以上あります。

自分に合ったカードをどうやって見つけたらいいか迷ってしまいますよね。

クレジットカードを選ぶ基準は、ポイントサービスと付帯サービスです。
【ポイントサービス】
クレジットカード利用金額に応じたポイントが貯まり、貯まったポイントをギフトカードや商品に交換することができるサービスです。
【付帯サービス】
ロードサービス・ガソリン割引・チケット先行予約・空港ラウンジ利用・保険などクレジットカードを利用もしくは所有しているだけで受けることができるサービスです。

そこでおすすめのクレジットカードの選び方は、下記のクレジットカードを2~3枚持つことです。
①どこで何に使ってもそこそこお得なクレジットカード
②よく利用する支払先で、すごくお得なクレジットカード

①で支払いをするのは、ほとんどの人が毎月支払っている公共料金や携帯電話料金、生活に必要な交通費などです。
クレジットカードを利用して毎月・毎年の生活に必要な支払いで得しちゃいましょう。

②は、ライフスタイルに応じてクレジットカードを決めましょう。
「ドライブが好き」・「海外旅行・出張によく行く」・「ネットショッピングが好き」など自分のクレジットカード利用明細を見直し、よく利用している支払先でお得なクレジットカードを見つけましょう。

ライフスタイルは変わっていくものです。
ライフスタイルに合わせたお得なクレジットカードを持つことで、ちょっとリッチなクレジットカードライフを楽しみましょう。

クレジットカードの年会費

クレジットカードには年会費「無料」と「有料」があります。
クレジットカードを選ぶ際に年会費は大きな基準になると思います。

年会費で選ぶ基準を開設する前に、まずお持ちのクレジットカードをチェックしてみてください。
年会費がかかっている利用していないクレジットカードはありませんか?
付帯サービスのために持っているなど、理由があればいいのですが、年会費を理由もなく支払っているカードをお持ちであれば無駄な出費になってしまっているので、解約をおすすめします。

クレジットカードを持っているだけでお金がかかってしまうというのはみんな嫌なはずです。

では、なぜ年会費が必要なクレジットカードを持っている人がいるか考えてみましょう。

年会費が必要なクレジットカードには、年会費無料のクレジットカードに比べてポイント還元率か高かったり、付帯サービスが充実していたりします。

ポイント還元率が高い場合は、ある一定の利用金額を超えると年会費無料のクレジットカードよりも実はお得にポイントを貯める事ができます。

また、年1回以上の利用や特定サービスの利用などで年会費が無料になったり割引されたりするクレジットカードもありますので、チェックしてみてください。

ポイントプログラム

クレジットカードを利用するにあたって、最も気にしたい点がポイントプログラムではないでしょうか?

それではポイント還元率の高いクレジットカードを見極める方法を解説します。

ほとんどのクレジットカードには、利用金額に応じたポイントが貯まるポイントプログラムが用意されています。

100円で1ポイント貯まるクレジットカードもあれば、1,000円で1ポイント貯まるクレジットカードもあります。

ここで注意しなければならないのは、1ポイントの価値です。

1ポイントの価値は1円・3円・5円・10円などのようにクレジットカードのごとにそれぞれ違います。

1ポイントの価値を明記していないクレジットカードも多いですが、ポイントを貯めた際に交換できるギフトカードの交換ポイント数を見ることでポイントの価値を明確にすることができます。

5,000円分のギフトカードとポイントを交換するのに必要なポイント数が1,000ポイントであれば1ポイントの価値は5円ということになります。

当サイトでは「ポイント還元率」という項目で獲得できるポイントを%で表示しています。

1,000円で1ポイント貯まり、ポイント価値が5円であれば、1,000円で5円の還元があるということになるため「0.5%」と表示しています。

ポイントプログラムとは別に、1%キャッシュバックや特定店舗での買い物時に5%OFFなど特典があるクレジットカードもありますので、ポイントプログラムと合わせてクレジットカードを選ぶときの参考にしてみてください。

国際ブランド

クレジットカードがオシャレで高機能になっているため、表面にはいくつかのロゴや模様がありますが、ほぼすべてのクレジットカードには「VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Dines Club」などのロゴマークが入っています。

クレジットカード発行会社のロゴと混乱しがちですが、国際ブランドとは一般的に1つの国などではなく国際的に使えるクレジットカードのブランドを指します。

そして5大国際ブランドが「VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESS・Dines Club」です。

中でもVISA・MasterCardの世界シェアは高く、海外旅行に行くときにクレジットカードを活用したい人であればVISAもしくはMasterCardのどちらかを選択しておいたほうが良いだろう。
VISA・MasterCardの2枚のカードを持っていてクレジットカードが使えないところがあれば、他の国際ブランドのクレジットカードを持っていても使えないと思われます。

JCBは日本唯一の国際ブランドで国内での利用可能店舗などは、VISA・MasterCardに引けを取りません。
アジア圏への進出に関しても同様のことがいえるかもしれませんが、世界規模でみると使えない店舗なども少なくない状況です。

AMERICAN EXPRESS・Dines Clubはステータスとして持つことが多い傾向があります。
AMERICAN EXPRESSは通称AMEX(アメックス)と呼ばれており、ブラックカード発行会社としても有名です。
Dines Clubはゴールドカード以下のグレードに値するクレジットカードを発行しておらず、年会費もかなり高額なため、医者や企業経営者や弁護士などのセレブ層が多い傾向があります。

申し込む際に国際ブランドを選べるクレジットカードもありますので同じ国際ブランドのクレジットカードを複数持つのではなく、違う国際ブランドのクレジットカードを分けて持った方が利便性が高いです。

まとめ

まずはクレジットカード選びの基本から年会費・ポイントプログラム・国際ブランドについて説明しました。
基本的な知識を持ったうえで自分のライフスタイルに合ったクレジットカードを選んでみてください。

「クレジットカードHUNTER」ではこれからもクレジットカードの知識や選び方、比較方法などをご紹介していきます。